債務整理のデメリットとは何か?

債務整理のデメリットとは?そもそも債務整理とは何か、それによってどのようなデメリットがあるのか。債務整理のデメリットを色々と考えるブログです。

7月
28

債務整理の四つの方法。

Posted under 債務整理のアレコレ

と、言う訳で。いよいよ債務整理のデメリットの事について、もう少しディープなお話をしようかと思います。
その前に、債務整理には主に、四つの方法があります。

☆任意整理
任意整理とは消費者金融や信販会社などからの借り入れによる多重債務を裁判所等の公的機関を通さずに返済する方法で、債務整理の中で唯一裁判所を経由しない方法です。そのかわり強制力はないので、弁護士や司法書士などの専門家に介入してもらう事が解決への早道になります。

☆特定調停
特定調停とは、簡易裁判所の調停委員が債務者と債権者の間に入って、借金額や支払方法の変更について話し合う債務整理方法です。
つまりは、弁護士や司法書士の代わりに裁判所が介入して行う任意整理のようなものです。

☆個人再生
個人再生はいわゆる会社の「民事再生」の個人版と考えてください。住宅ローンを抱えている人等は、この方法を薦められるかもしれません。

☆自己破産
債務整理の最終手段とも言えるかもしれません。しかし、多少の制限はあるものの、免責になれば借金は全て無くなります。

そして、この四つの方法は更に二つに分類されます。それは「任意整理」か「強制整理」です。任意整理などで和解できなかった場合は、強制整理(個人再生や自己破産)の方法をとらざるを得ません。特に、継続的に収入が見込めない人や、明らかに引き直しをしてもさほど減額にならずに返済が無理と判断された場合などは強制整理となります。

自分の収入や債務の現状を話し合った上で、最善の方針を見極めましょう。