債務整理のデメリットとは何か?

債務整理のデメリットとは?そもそも債務整理とは何か、それによってどのようなデメリットがあるのか。債務整理のデメリットを色々と考えるブログです。

1月
22

自己破産のデメリット。

Posted under 債務整理のデメリット

ついに来たか、という感じですが自己破産についてのデメリットについて考えてみたいと思います。

……正直、「自己破産」はデメリットだらけのイメージしかありませんでした。しかし、本当はそんな事はないのですが、敢えてここはデメリットを全面に押し出すブログなので、御了承ください。

で、肝心の「自己破産」なのですが、一体どういうものなのかと言いますと、単純に言えば「借金をチャラ」にしてもらえる制度です。こう言ってしまえば、何と魅力的な!と思われるかもしれませんが、「チャラ」になる為には色々な条件をクリアしなくてはならないのと同時に、「チャラ」になったらなったで様々な制約がかかってきます。「借金がチャラになって自由の身になれる!」というご都合主義な制度ではございません。
では、一体自己破産にはどんなデメリットがあるのでしょうか。
まず、一定の財産を失ってしまいます。どういう事かというと、債務者の必要最低限の生活費や財産以外は全て換価し、債権者に配当されますので、「破産手続開始決定」が下りた後は換価するほどの財産がある時等は、破産管財人が選任され「管財事件」となり、財産が処分されることになります。また、ブラックリストに載る事はもちろん、官報という国の広報誌に掲載されたり、破産手続きが終了するまでは引っ越しも長期の旅行も出来ません。その他、免責が下りるまでのあいだ、特定の職業に就職できなかったり、資格も制限される事になります。

自己破産手続きをしても過払い請求はできますし、債務整理の期間はそれぞれですが、自己破産は平均的に半年と言われています。