債務整理のデメリットとは何か?

債務整理のデメリットとは?そもそも債務整理とは何か、それによってどのようなデメリットがあるのか。債務整理のデメリットを色々と考えるブログです。

5月
11

債務整理って何?

Posted under 債務整理とは

債務整理のデメリットを語る前に、まずその「債務整理」とは何ぞや?
と言う事をお話ししておかなければなりませんね。

債務整理とは、多重債務者……つまり、多数の借金をしてしまった人が様々な理由により支払いが困難となった時、弁護士や司法書士等の専門家に介入してもらい、債務者本人にとってはもちろんのこと、債権者にとっても最適な方法を探し、解決していく事です。
この「問題解決」に向けて、いくつかの方法があります。ただし、これらの方法とはあくまで「手段」でしかなく、「目的」とは違います。
債務整理の最大の目的とは、「債務者が多重債務に陥る前の生活ができるようになり、自分を取り戻す」ことにあります。
その目的を達成するための手段こそが、債務整理なのです。そしてそれは、常に債務者と債権者の最善の手段を選びながら「根本的解決」をしなくては、何の意味もありません。

その「根本的解決」をする方法のヒトツが債務整理です。しかし、この債務整理には、様々なデメリットもあります。当然、自分のした事ですから、何のおとがめも無しに許される事はありません。そんな債務整理のデメリットって一体どんな事なのか、他の債務整理の方法と合わせて色々とお話出来ればと思います。

多少のお金を借りるのは、ダメな事ではありません。どうしても必要なときに手持ちがない……なんてこともよくある話です。しかし、どうしたって返済しきれないような額のお金を借りるのはいけません。お金を借りるときはまず金利はどうなのか、ちゃんと自分の収入と返済額のバランスは取れているか等をしっかりと考えた上で借りましょう。